ストレス解消法ランキング

100の方法からあなたにぴったりの発散法を提案

仕事・転職

転職活動ってストレス!効率よく進めて絶対に成功させよう!

転職

転職をしたことはありますか?
この記事を読んでいるということは転職活動中か、もしくは転職を視野に入れているのかもしれませんね。

終身雇用の時代は変わりつつあり、近年では転職は珍しいものでは無くなりました。
転職に成功してキャリアアップする人も大勢います。

しかし、転職活動というのは意外に体力やを使い、メンタル的にも疲れが伴うものです。
特に前職を続けながらの活動であると、より一層受けるストレスは大きいものになります。

そこでこの記事では、転職活動を少しでも効率よく進めるためのアドバイスや、転職活動におけるストレスについてお話していきたいと思います。

転職活動におけるストレス

ストレス

まずは、なぜ転職活動は大変なのか、ストレスが溜まりやすいのかという点についてお話していきます。

活動開始時点で既に疲弊している

そもそも転職をしたいと考える時点で、現在の職場に不満がある事は明白です。
特にブラック企業と呼ばれるような、激務の職場に勤めている場合、体力的にも精神的にも疲れが溜まっていることは珍しくありません。

その環境から逃げ出したいという一心で転職を考える人も多いのです。
このような精神状態であれば、職探しに全力で挑むのは中々難しいものがあります。

仕事と転職活動の両立

仕事を続けながら転職先を探す場合はやはり大変です。
そもそも二つのことを同時に考えるというのはメンタル的な重荷となり、ストレスの原因になると考えられています。
特に男性はマルチタスクが苦手と言われており、女性以上に負担がかかります。

仕事のときと、転職活動の時で、少しでも気持ちを切り替えられるような工夫が必要です。

離職してからの転職活動の場合

逆に、前職を辞めてから転職活動を行うというケースもあるでしょう。
しかし、これはこれでストレスが溜まるものです。

「早く仕事を見つけなければならない」という焦りがでてくるものです。
思うように転職活動がいかなかったときに戻る場所がないというデメリットもあります。

「両立が無理だから辞めてから」という場合でも、ある程度リサーチはしておいた方が後々の負担を軽減できます。

企業研究など準備にも時間がかかる

新卒採用のときと同様、転職の場合でも企業研究をすることになることかと思います。
特に転職となると、失敗したくないという気持ちから準備に時間をかける人も多いです。

必要な準備とは具体的には、

・企業研究
・履歴書、職務経歴書の準備
・面接対策

などが挙げられるでしょう。

職種や人によっても必要な準備は若干異なってくることかと思いますが、基本的には対策にある程度時間を割くことにはなるかと思います。

効率よく転職活動を進めよう

効率

このようにストレスが溜まりやすい転職活動ですが、少しでも効率よく進めることができるように、ポイントを紹介していきます。

履歴書、職務経歴書は早めに用意しておく

実際に活動が始まると忙しくなりがちなため、書類の作成などに追われると思うように対策ができないこともあります。
書類関連は本格的な活動を始める前にある程度型を作っておきましょう。

職務経歴書を作成することで、自分の強みを再確認できるというメリットもあります。

余力のある方は、応募する会社に合わせて書き換えるとより一層、良い履歴書を作ることができます。

自分のスキル、得意分野を明確にする

やみくもに会社を探すのも良いですが、効率よく進めるためには自分のスキルにマッチしている会社を見つけた方が良いですよね。
そのためにも一度自分の得意分野が何なのか。
前職の経験をどのように生かすことができるのか、というのを再考してみましょう。

中には全く違う分野に移る人もいますが、職歴やスキルを活かしづらくなるため、あまりおすすめはできません。
自分が本当にしたい仕事なのか、続けていけると思える仕事なのかなど、しっかりと考えましょう。

コネがあるなら使う

転職者の4人に1人はコネ入社であると言われています。
特に年齢を重ねるほど、コネを使った転職が増えるとも言われていますが、使えるコネがあるのであれば使うに越したことはありません。
企業研究などの作業を軽減することができますし、入社できる確率も格段に高いものとなるでしょう。

ただし、コネで入社した場合は、紹介してもらった手前辞めづらいというデメリットもあります。
また、「コネ入社だから仕事ができない」などとレッテルを張られるケースもあるため、転職後は多少プレッシャーを感じることもあるかもしれません。

転職エージェントのメリット・デメリット

メリット

効率よく転職活動を進めたいと思う場合、転職エージェントを使うという方法もあります。
転職エージェントとは、担当のエージェントさんが企業を紹介してくれるサービスですが、メリットとデメリットがあるため、ここで少しお話ししておこうと思います。

メリット

大きなメリットは、企業探しやスケジュール調整をエージェントが手伝ってくれる点です。
応募先企業との調整が意外と面倒になりがちですが、担当のエージェントがアポを取ってくれるため、負担が軽減できます。
リスケのお願いなども直接応募先に電話するのはストレスですが、担当の人なら幾分し易いということもあります。

もう一つのメリットとして、相談できる人ができるという点があります。
転職をするときは、孤独な戦いになりがちですが、相談や面接対策をお願いしたり、客観的な目線からのアドバイスをもらうことができます。
不採用だった場合に、エージェントを通してフィードバックをもらうこともできたりします。

デメリット

逆にデメリットもあります。
エージェントは採用させることで利益に繋がるの商売なので、学歴などで受かる可能性が低い企業はフィルタをかけてくることは珍しくありません。

エージェントを使った場合には、企業のランクを大きくアップして転職できるケースは稀なのです。
チャレンジしたいという気持ちが強い方にはあまりおすすめできないかもしれません。

また、強引に転職を促される場合もあるため、マイペースに進めたい人には向かないかもしれないですね。

エージェントはツールとして利用しよう

このように、メリット・デメリットがあるため、大声でおすすめはできませんが、エージェントは自分の転職活動をしやすくするためのツールぐらいの位置づけで使う分には良いかと思います。

・最終的には自分で判断する
・おすすめされた企業以外にも、自分で企業を探す

など、少し工夫すればデメリットを打ち消すだけのメリットがあります。

転職サイトの選び方

転職

まずは転職サイトに登録する所からスタートになるかと思います。
各々使いやすいサービスを探してみると良いでしょう。

探し方としては、掲載数の多いサイトを選ぶことが重要です。
転職で成功しようと思ったら、少しでも多くの企業の情報を集めることが近道になります。
人によっては複数のサイトに登録しています。

当サイトではキャリコネというサイトをおすすめしていますが、このサイトでは「マイナビ転職」、「@type」などの求人を一括検索できるため、効率よく企業を探すことができます。



キャリコネにはもう一つ大きなメリットがあり、「会社の口コミを閲覧できる」という点があります。
転職活動は情報収集が大切なので、口コミの存在は非常に大きいです。
他にも、就職に役立つニュース記事を閲覧可能、最大50万円のお祝い金制度といったメリットがあります。

口コミを見ることができるだけでも大きなメリットなので、使用するつもりがなくても登録だけでもしておくと有利に活動できることでしょう。

転職で後悔しないための心得

後悔

転職したけれど、いざ働き始めてみたら「転職しなきゃ良かった・・・。」なんてことになったら悲惨ですよね。
失敗例を用いて後悔したいための心得をお話していきたいと思います。

転職前の不満が改善されていない

これは非常に多いケースです。
具体的には、

・残業時間が多い
・人間関係に不満がある
・給与が安い

などの不満が挙げられます。

十分なスキルが伴わないままに転職をしてしまった場合、転職先も似たような会社、近いレベルの会社になるというのは良くある話です。
特に、残業時間や人間関係は入社してみないと分からない部分も多いため、転職後の後悔に繋がるケースが多いのです。

給与に関しては、思ったように昇給していかなかった。ボーナスが思っていたよりも少なかった。
などといったケースが多いようです。

このような公開をしないためには企業研究をしっかりすることが大切です。
前述のキャリコネや、転職会議といったサイトを使って口コミをチェックしておくことも雰囲気を掴む上で手助けとなるでしょう。

求人票の内容と労働条件が違う

中小企業の場合にありがちなケースです。
企業というのは採用したいという気持ちから、どうしても求人票を良く見せようとしてしまうものです。

こればかりは事前の対処が難しいですが、ときには口コミサイトにて不満が書かれている場合もあります。
上場企業などでは少ないケースですので、大手をターゲットにしている人にとってはあまり心配はいらないかもしれません。

ワンマン経営に振り回される

小さな企業ほどありがちなケースですが、社長がワンマンで社内の雰囲気が悪いということがあります。
このような企業では離職率も高い傾向にあるため、1年中採用活動を行っているようなケースも珍しくありません。
ブラック企業にありがちなケースとも言えます。

小さな会社が一概に悪いとは言えませんが、それなりにリスクもあるという点は知っておきましょう。

新しい職場に早くなれるには

オフィス

これから転職という人にとっては少し気が早いかもしれませんが、新しい環境に早くなれるためのコツについてもお話ししておきます。

慣れるまでにかかる時間は?

新しい職場、新しい仕事に慣れるまでの期間についての調査結果がありますが、1ヶ月程度という人が多いとのことです。
仕事内容、人間関係共に、1カ月あれば雰囲気を掴むには十分であると考えられているようです。

まずは座席表を覚えよう

仕事自体に慣れることも大切ですが、まず気になるのは人間関係ですよね。
少しでも名前を早く覚えることも大切です。

座席表があれば、入手して人の顔と名前を一致させるように心がけてみましょう。
名前を知っているだけでも話しかけやすさが随分と変わってくるものです。

勤務時間外の付き合いも大切に

飲み会や人付き合いなどが嫌いな人であっても、転職してすぐはなるべく参加したほうが良いかと思います。
特に新しい職場に入ってしばらくは、周囲が気を遣ってランチなどに誘ってくれるケースが多いので、ぜひ参加しましょう。
ここで断ってしまうと今後誘ってくれる確率は格段に下がりますし、打ち解けるのに時間がかかってしまいます。

ランチもよいですが、早く打ち解けるにはやはり飲み会でのトークが効果絶大です。
日本人はどうしてもシャイなので、飲みの席の方が距離感を縮めやすいのです。
普段会社では言えない話や、人間関係の秘密、仕事の注意点なんかも聞けるかもしれません。

謙虚な気持ちで

新しい職場では、今までの自分のスキルがどこまで通用するのかは分かりません。
はじめは新人のような謙虚さで、仕事を覚えることが大切です。

年齢やキャリア、プライドなどはあまりとらわれずに多くのことを吸収できるように心がけましょう。

その職場の習慣、雰囲気をつかむ

職場によって、仕事のルールや習慣というのは異なるものです。
自分のスタイルを前面に打ち出すと反感を勝ってしまうこともあります。

まずは新しい職場でのルールを覚えましょう。

人間関係を観察することも大切です。

・誰がどの業務に詳しいのか
・誰と誰が仲が良いのか
・キーパーソンは誰なのか

そして、コミュニケーションの取り方を理解できれば早く職場になれることができるでしょう。
自分の仕事を進めやすくするためにも大切なことです。

相談できる人を見つける

一人でも仲の良い人、相談できる人がいると心強いですよね。
まずは年齢が近い人がいないか、雰囲気が合いそうな人がいないか探してみましょう。

おわりに

転職は人生を変える大きなイベントですが、それだけにプレッシャーを感じたり、心身に負担がかかるものです。
頑張ることも大切ですが、時には息抜きをすることも大切です。

当サイトではストレスの解消方法を沢山紹介していますので、少しでも目を通していただけると嬉しいです。
あなたの人生、仕事がより良いものになりますように!

-仕事・転職







★常備しておくと良いですよ!

当サイトでは多くのストレス解消方法やグッズを紹介していますが、特に「効果がありました」という声を多く頂いているのがリラクミンというシリーズのサプリメントです。

日々のストレス対策から、うつ病が心配な方まで、幅広い方におすすめしています。

★Click! メンタルサプリ専門店【リラクミンシリーズ】

 

かなりおすすめ!ストレスに悩んでいる方向けの書籍