ストレス解消法ランキング

100の方法からあなたにぴったりの発散法を提案

仕事・転職

【仕事】行きたくない!人間関係の悩みを「徹底対処」

行きたくない

仕事を辞めたいと思ったことはありますか?
仕事に行きたくないと考える人の原因、1位は人間関係であると言われています。

社会人を続けていると、
・上司とうまが合わない
・クライアントとのやりとり
・職場環境の雰囲気が暗い、合わない

など、人間関係に関する悩みというのは尽きないものです。
職場でいじめを受けているという人もいます。

しかし、仕事となるとなかなか辞めることもできず、我慢してしまう・・。
これではストレスが溜まる一方ですよね。

今回はそんな人間関係を変えるための糸口についてお話していきたいと思います。

人間関係、状況を見つめてみよう

行きたくない

人間関係が悪いといっても原因や状況は人によって大きく異なることかと思います。
まずは、以下の分類をみて、あなたの場合どのケースに当てはまっているのかを確認してみてください。

特定の人との関係が悪いケース

・お互いに嫌っている
・お互いに嫌いではない(仕事の話が噛み合わないなど)
・相手から嫌われているが、自分は嫌いではない
・自分が嫌っているが、相手からは嫌われていない

環境に馴染めていないケース

・話をできる人がいない
・雰囲気が合わない(体育会系の空気が苦手など)
・いじめを受けている

いかがでしょうか?
次はそれぞれのケースについて改善方法を紹介していきたいと思います。

特定の人との関係が悪い

行きたくない

職歴が長い場合には、こちらのケースに該当するケースが多いようです。
特に、上司との関係に溝があると、どうしても辛い思いを強いられることが多くなります。

毎日顔を合わせるわけですから、関係の悪い人がいるとストレスが溜まるのは当然です。
改善方法を考えていきましょう。

マインドを変えてみよう

自分を変えることは、ある程度意識付けでできますが、相手の心を変えるというのはとても難しいことです。
特に人間関係が悪いわけですから、なおさら困難な状況と言わざるを得ません。

しかし、「相手があなたのことを嫌いではない」ケースの場合は改善できる余地が大きくあります。

例えば、
・仕事の話が嚙み合わない場合
 ⇒相手が何を伝えたいのかを意識的に聞く、伝えたいことをなるべく分かりやすく伝える

・あなたが相手を嫌っている場合
 ⇒好きになる努力をする、(相手の良いところを探す、共通点を見つける)

など、心がけだけで関係性は変わっていきます。
「嫌いな人にこそ挨拶を」とは言ったものですが、自分のマインドというのは人間関係においても非常に大切なものなのです。

嫌われている場合

相手から嫌われている場合というのは改善がいささか困難です。
特に、「なぜ嫌われているのか」という点が分からないと改善方法も見つけにくいものですよね。

人間ですから、嫌いなものは嫌いですし、一度嫌われてしまうと状況がなかなか変わらないということもあります。
自分で多少の努力をしたからといって相手の気持ちを変えることができるとは限りません。

このケースの場合は、誰かに相談するというのが最も近道だとは思います。

相手の上司に相談する

では誰に相談したらよいのでしょうか?
一つは、自分を嫌っている相手よりも上の立場の人に相談するという方法です。
ビジネス的にも関係が悪い二人が一緒に働いているというのは好ましいことではないため、相談することで何かしら動いてくれる可能性があります。

相手と直接話し合うのも手

「直接話して解決」これは、有効な場合と逆効果の場合があります。
しかし、お互いのコミュニケーションが極端に少ない場合、何か誤解されている場合などは、話すことで分かり合えることがあります。

例えば、相手はあなたに対して先入観で合わないと決めつけているだけかもしれません。
もしくは、「なんとなく合わない」、「話しづらい」という程度の認識であれば、まだまだ打ち解けあえる余地があります。

環境に馴染めていない

人間関係

入社してすぐの場合にありがちなケースです。

逆に、入社してから何年も経っているのに馴染めていないのであれば、意識を大きく変えない限り、今後もあまり改善できるとは考えにくいと思われます。

今回は、入社してから日が浅いという前提でお話を進めていきます。

入社時の心がけ

これは本当に基本的なことですが、入社して1カ月も経っていないような場合だと「名前が分からない」ということもありますよね。
これでは咄嗟に話しかけることもできません。
関わる可能性のある人の名前は一通り覚えておきましょう。

また、人間の印象はスタートで大きく決まるという部分もあります。
学生の場合は「高校デビュー」、「大学デビュー」という言葉もありますが、会社の場合も同様で、入社したときの印象が今後のあなたの職場でのキャラクターを決めていきます。

環境に馴染むのが苦手という人は、スタートの時点で、

自分からいろんな人に話しかけてみる

という意識付けも大切です。

まずは仕事をこなす

雰囲気になじめない原因として、単純な人間関係とは別に、

・仕事の話についていけていない
・まだ会社の文化が分かっていない

ということが挙げられます。
グループでの「内輪ネタ」というものはどこにでもありますが、仕事も同様です。
一通り、周りがどんな仕事をしているのかを把握できるように、仕事をこなしていきましょう。

プライベートでの関係も

職場の人と本当に打ち解けあうためには、飲み会などプライベートでの付き合いも大切です。
「お酒が苦手」という人も、初めのうちは参加するようにしましょう。

日本人はどうしてもお酒が入らないと本音で話せないという人が多いため、飲みニケーションもある程度は必要です。

ノリについていけない場合

それでもやっぱり職場のノリについていけない、ということもあるでしょう。
特に、ノルマのあるような業務を扱っている職場や、体育会系の雰囲気が強い場合にはノリが強いケースが多くあります。

しかし、このような空気は簡単に変わるものではありません。

選択肢としては、

・ノリに慣れて染まる
・ノリにはついて行かずに、割り切って仕事をする
・転職する

こんな感じになると思います。
「業務内容も合わなかった・・」という場合には転職を考えざるを得ないかもしれません。
とはいえ、人間というのは意外と適応能力があるものです。

まずは3カ月、半年、頑張ってみると景色が変わってくるものです。

おわりに

人間関係のトラブルやいざこざというのはいつの時代も絶えないものです。
しかし、職場となると毎日のことなので少しでも早く改善したいものですよね。

改善できそうな場合は良いですが、どうしても無理な場合もあるでしょう。
転職も珍しい時代ではなくなったため、選択肢として考えておいた方が良いかもしれませんね。

転職活動ってストレス!効率よく進めて絶対に成功させよう!
転職をしたことはありますか?この記事を読んでいるということは転職活動中か、もしくは転職を視野に入れているのかもしれま...

最近では「職場うつ」や、「過労死」など、ブラック企業など特有の問題点も明るみになってきました。
本当に辛い・・と感じているのであれば、潰されてしまう前にもう一度考えてみましょう。

-仕事・転職







★常備しておくと良いですよ!

当サイトでは多くのストレス解消方法やグッズを紹介していますが、特に「効果がありました」という声を多く頂いているのがリラクミンというシリーズのサプリメントです。

日々のストレス対策から、うつ病が心配な方まで、幅広い方におすすめしています。

★Click! メンタルサプリ専門店【リラクミンシリーズ】

 

かなりおすすめ!ストレスに悩んでいる方向けの書籍