ストレス解消法ランキング

100の方法からあなたにぴったりの発散法を提案

仕事・転職

職場の雰囲気が合わないときにするべきこととは

2017/04/26

雰囲気

あなたは、今の職場の雰囲気をどのように感じていますでしょうか?
仕事に慣れて職場の環境が見えてくると、会社に対する疑問や、働き方に対する違和感などを感じることもあるでしょう。

日常の業務での違和感なのか、人間関係なのか。
人によって感じるモヤモヤというのは様々ですが、毎日通う職場ですから「なぜ雰囲気が合わないと感じるのか」原因を探ることが大切です。

この記事では、雰囲気が合わないと感じている人のために、具体的な対処法を伝えていきたいと思います。

雰囲気が合わないと、ストレスの原因になるだけでなく、活躍することも難しくなります。
始めは些細な違和感かもしれませんが、積み重なることで人間関係がこじれたり、働きづらい環境になってしまうことも考えられます。

どうすれば改善していくことができるのか考えてみましょう。

なぜ合わないと感じるのか

雰囲気が合わないと感じる理由によって対処法も変わってきます。
あなたの場合は、どのようなケースに当てはまるでしょうか?

・人間関係が上手くいかない
・仕事の内容が向いていない
・経営方針などに、納得できない点が多い

いかがでしょうか?
それでは、それぞれの対処法についてみていきたいと思います。

人間関係を改善しよう

人間関係

職場に不満を感じている人の多くは、人間関係をストレスに感じているというデータがあります。
不満を感じている人を対象にした調査では、

・体育会系の雰囲気についていけない
・頑張っているのに、正当に評価してもらえない
・自分の持ち味を生かした仕事をさせてもらえない
・上司との考え方、仕事の進め方などに齟齬が多い

このような理由が多く見られます。
当てはまるものはあったでしょうか?

社会で働いていると様々な考え方の人間がいます。
気分屋の人、忙しいと不機嫌になる人、テンションの高い人や低い人、コミュニケーション能力の低い人。
様々な人と折り合いをつけながら働いてかなければなりません。

自分がどのようなタイプの人が苦手なのか、どうしたらよい関係を築くことができるのかをもう一度考えてみましょう。
特に上司との関係性は重要で、日々の働き方だけでなく評価にも大きくかかわってくるものです。

環境に自分を合わせることができるか否か

「人の考え方を変えるのは困難であるが、自分が変わることはできる」
こんな考え方があります。

実際、他人や環境を変化させていくというのは時間や労力がかかることです。
現実的には、自分の方が環境に合わせていくしかないというケースも多くあります。

自分が変わるというのも容易なことではありませんが、それが可能かどうかが、状況を変えるポイントになってきます。

ただし、離職率の高い職場や、職場全体の空気が悪い場合など、努力をしてもどうにもならない場合もあります。

自分がその環境で頑張っていきたいのかどうか

この点をきちんと考えてみましょう。

誰かを味方につける

ストレス解消

もしもあなたが、職場で孤立していると感じているのであれば、「気兼ねなく話せる人」を見つけた方が良いかもしれません。
誰か話せる人がいると、疑問に思っている点を共有できるだけでなく、アドバイスをもらえたり解決策を示してもらえる場合もあるでしょう。

あなたが感じている不満というのは案外他の人も感じているものです。

理想的には、上司に不満を相談できるようになることが好ましいです。
日々感じている不満も、話すことで分かってもらえる場合があるでしょう。
しかしそのためにはやはり、普段から良好な関係を築くことが不可欠です。

転職という選択肢

どうしても肌に合わない、改善できる見通しもない。
そんなときは素直に転職をした方が良いかもしれません。

職場でストレスを抱えて病んでしまう人も多い中、転職することで自分に合った会社を見つける人も多くいます。
そうならないためにも、一度冷静になって続けるべきか検討しましょう。

大切なのは思考停止状態にならないことです。
何かを変えるというのは体力が必要ですが、ここでの踏ん張りが将来の自分の運命を左右することになるのです。

留まるにしても転職をするにしても、自分の中での優先順位、やりがい、理想が何なのかが分からない状態では上手く立ち回ることは難しいでしょう。
自分なりの価値観や判断基準を見つめなおしてみることが大切です。

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

仕事内容が合わないと思ったら

転職

仕事内容を変えたいと感じるのであれば、転職が分かりやすい方法ですが、会社を変えなくても解決できる場合もあります。

・苦手なタスクを分担してもらう
・違う部署への配属希望を出す
・能力のある人に徹底的に質問する

まずはできることがないか考えてみましょう。

苦手だと思っていることも単に勉強不足なだけかもしれません。
一度体系的に学習することによって、「なんだ、簡単なことじゃないか」と感じることも多いものです。

最近はブラック企業という言葉が叫ばれるようになりましたが、そのような職場ではきちんとした研修を行わずに業務を任せてしまうケースもあります。
研修や勉強をきちんとせずに、初めから仕事ができる人などなかなかいるものではありません。
職場で勉強させてもらえないのであれば、時には自分で勉強するということも大切です。

1年は続けてみる

ストレス解消

仕事には慣れてきたのに、それでもなお仕事内容が合わないと感じるのであれば、本当にその仕事が向いていないのかもしれません。
しかし、仕事の向き不向きというものは数か月では判断できないことも多いです。

判断基準は職種によっても大きく異なりますが、どんな仕事であっても1年ぐらいは続けてみることをおすすめします。
言い換えると、1年続けると苦手意識も無くなってくることが多いです。

また、転職という観点から見ても、1年未満で会社を辞めてしまうと職歴にキズがついてしまいます。

社畜になってはいないか

社畜という言葉がありますが、残業に追われてひたすら言われた仕事をこなす日々。
これではストレスが溜まり疲労困憊になるのは当然のことです。

もし当てはまると感じているのであれば、自分が本当にしたい仕事について考えてみた方が良いかもしれません。
今の職場で自分のキャリアアップが望めるのかどうか。
将来性はあるのかどうか。

好きな仕事ややりがいを感じる仕事であれば、少なからず能動的な働き方ができるものです。
残業が多くても、それがスキルアップに繋がるかもしれません。

同じように「忙しい」と感じていても、受け身な働き方なのか、能動的な働き方なのか。
この違いによって将来差がついてきます。

経営方針に納得できない

ストレス解消

ある程度の役職に就くと、会社の方向性、経営方針に納得ができないということも出てきます。
役員や社長との考え方が合わないことで、辛い思いをしている人も多く見られます。

納得できない方針、なぜなのか

納得できないと感じていても、その方針には必ず背景があるものです。
社員全員が納得できる方針であれば理想的ですが、現実的にはそうはいかないものです。

なぜそのような方向性に決まったのか、くみ取ることもときには必要です。
逆に、どうしても納得できないような深い理由があるのであれば、きちんとその思いを伝えた方が会社のためにも良いかもしれません。

転職のハードルは下がっている

転職活動ってストレス!効率よく進めて絶対に成功させよう!
転職をしたことはありますか?この記事を読んでいるということは転職活動中か、もしくは転職を視野に入れているのかもしれま...

 

終身雇用の時代は完全に終わりました。
今や転職は当たり前とも言われる時代になり、そのハードルは大きく下がりました。

もしも不満が大きい、ストレスにつぶされそうという状況であれば、転職をした方があなたのためかもしれません。

まずは冷静に自分、会社の環境を見つめてみましょう。

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

-仕事・転職







★常備しておくと良いですよ!

当サイトでは多くのストレス解消方法やグッズを紹介していますが、特に「効果がありました」という声を多く頂いているのがリラクミンというシリーズのサプリメントです。

日々のストレス対策から、うつ病が心配な方まで、幅広い方におすすめしています。

★Click! メンタルサプリ専門店【リラクミンシリーズ】

 

かなりおすすめ!ストレスに悩んでいる方向けの書籍