ストレス解消法ランキング

100の方法からあなたにぴったりの発散法を提案

仕事・転職

職場で動悸がするときの対処法3選

2016/09/25

職場

現代人のストレスの多くは仕事に起因していると言われています。
職場の環境が合わないと、動悸がしたり胃潰瘍になってしまったりと、身体にも影響が出てくるものです。

近年では、「ブラック企業」などといった社会問題も明るみに出てきていますが、社会で働いていると自分の思い通りににはいかず、メンタルを病んでしまう人も増えているのが現状です。

職場で動悸がしたら

職場

さて、職場で嫌なことや不安なことがあったときの代表的な症状に動悸があります。

多くの場合は時間がたつことで収まりますが、長く続いてしまうと、うつ病やパニック障害などといった形で症状が重くなってしまうこともあります。

動悸が起こるときは基本的に原因がありますから、きちんと対策を取ることが大切です。

心を落ち着かせる方法3選

職場

まずは落ち着くことが大切です。
動悸がしているような、不安定な心理状態では仕事にも悪影響です。

以下の3つの方法を試してみてください。

1.深呼吸する

まずは大きく深呼吸をしてみましょう。
そのときに腹式呼吸を意識するとより良いです。

深呼吸をすることで、リラックス神経である副交感神経が活発化されるため、心を落ち着かせる効果が期待できます。

「あまり効果がない」と言ってすぐにやめてしまう人もいますが、10分間続けると良いというデータもありますので、少し長めの時間で行ってみてください。

2.牛乳を飲む

職場でもすぐにできる方法となると限られてきますが、牛乳を飲むことも効果的です。
ストレス解消や、安眠に効果的と言われている牛乳ですが、そのリラックス効果から動悸がするときにもおすすめです。

暖かいものを飲むことも効果的であるため、可能であればホットミルクにするか、もしくは白湯を飲むのも良いでしょう。

3.ストレスの原因を知る

落ち着いてなぜ動悸がするのかを把握しましょう。
漠然とした不安も動悸の原因となります。

・仕事でミスをしたから
・人間関係が上手くいっていない
・経営に不安を感じているから

原因が分かったら、自分の力で解決できるのかどうかというのがポイントになります。

解決できそうな問題であれば、それほど深刻に考える必要はありません。
動悸も一時的なもので、収まる可能性が高いと言えるでしょう。

解決できない問題にぶつかったら

ストレス解消

ストレスの原因を考えたとき、自分の力ではどうにもできないケースもあることでしょう。

例えば長時間労働を強いられているケースや、実力に反して冷遇されている場合などはなかなか一人の力で解決できる問題ではありません。

ときには転職という選択を視野に入れることも必要かもしれません。

環境や状況を変える

転職に限らず、何かしら環境や現在の状況を変える余地がないか考えてみましょう。

・仕事を別の人に巻き取ってもらえないか
・部署を変えてもらうことはできないか
・誰かに相談して解決できないか模索してみる

様々なアプローチがあることかと思います。

状況を変えることができなければ、ストレスを感じ続けながら仕事をしなければなりません。
これはメンタル的には非常に危険な状態です。

最終手段は転職

終身雇用という考え方が崩壊した今、転職をすることは珍しいことではなくなりました。
この記事を読んでいる人の中には、すでに転職を視野に入れている人もいるかもしれません。

今の会社で心を病むことを考えたら、別の会社に移るというのもひとつの選択なのだと思います。

転職を絶対に成功させたければ読んでください
一昔前までは終身雇用と言われるように、一度会社に就職すると、長く勤めるのが当たり前の時代もありました。しかし近年では...

おわりに

普段は動悸がしないのに、仕事が始まると症状が現れるという人もいます。
そんなときは明らかに現在の職場があなたに合っていないという証拠です。

ストレス状態にあるときは、冷静な判断ができなくなる傾向にはありますが、行動しなければ状況を変えることはできません。

落ち着いて、今の自分や職場の環境を見つめなおしてみましょう。

-仕事・転職







★常備しておくと良いですよ!

当サイトでは多くのストレス解消方法やグッズを紹介していますが、特に「効果がありました」という声を多く頂いているのがリラクミンというシリーズのサプリメントです。

日々のストレス対策から、うつ病が心配な方まで、幅広い方におすすめしています。

★Click! メンタルサプリ専門店【リラクミンシリーズ】

 

かなりおすすめ!ストレスに悩んでいる方向けの書籍