ストレス解消法ランキング

100の方法からあなたにぴったりの発散法を提案

グッズ

牛乳でストレス解消!抜群の安息効果

2016/11/26

ストレス解消

日々溜まるストレス。
解消したいと思っても、なかなか時間を割けないし、何かをするバイタリティーも無い。
そんなときは食生活に牛乳を取り入れてみましょう。

ストレス解消効果点数
  • お勧め度:
  • 科学的根拠:

牛乳を飲むだけでよいので、ストレス解消方法としてはとてもお手軽です。
また、ストレス解消だけではなく、安眠効果や健康効果も期待できるのが牛乳の魅力です。

カルシウムとストレスの関係

ストレス解消

イライラしているときに、「カルシウムを取った方がいいよ」といわれたことはありませんか?
これは牛乳のもたらすストレス解消効果によって広まった噂かもしれません。

しかし、実はカルシウムにストレス解消効果があるわけではありません。
牛乳に含まれる、「トリプトファン」という成分こそ、ストレス解消の手助けをしてくれるのです。

カルシウムとストレスの関係

カルシウムは、神経系や心臓の働きを正常に保つためには欠かせない存在です。
そのため、仮に血中のカルシウム濃度が低くなることで、ストレスを引き起こすのではないかと考えられてきました。

しかし現在の研究では、カルシウムの摂取量が不足しても血中のカルシウムが不足することは無く、骨からのカルシウムが充てられるということが分かっています。

つまり、カルシウムとストレスには因果関係は無いのです。
とはいえ、日本人は1日に必要なカルシウムが足りないといわれていますから、カルシウムを取ることは意識したほうが良いかと思います。

牛乳はストレス解消に効果的

ストレス解消

前述の通り、牛乳には、「トリプトファン」という成分が含まれています。
このトリプトファンこそが、ストレス解消のカギを握る物質なのです。

トリプトファンは体内で、「セロトニン」という物質に変わります。
セロトニンは神経伝達物質のひとつで、リラックス効果や、疲労回復効果があるのです。

セロトニンでリラックス

神経伝達物質には他に、ノルアドレナリン、ドーパミンがありますが、これらはセロトニンと合わせて三大神経伝達物質などと表現されます。
ノルアドレナリンは怒りやストレスを引き起こし、ドーパミンは興奮や快楽といった感覚をもたらします。
セロトニンは、この2つの神経伝達物質の働きを抑える働きがあります。

ノルアドレナリン、ドーパミンは共に過剰に分泌されることは体内に悪影響を及ぼします。
セロトニンを増やし、バランスを整えることが、ストレスや健康にも効果的なのです。

牛乳で睡眠の質を高めよう

ストレス解消

ストレス状態が高いときは、寝つきが悪くなりがちですよね。

先ほど紹介したセロトニンですが、睡眠の質を高める効果もあります。
眠気を促す睡眠ホルモン「メラトニン」が、このセロトニンから生成されます。

つまり、以下のような流れですね。

「トリプトファン→セロトニン→メラトニン」

寝る前だけではなく、普段から飲むことが大切

巷では、「寝付けないときは、ホットミルクを飲むと良い」と言われることが多いです。
暖かい飲みものを飲むことで、睡眠の質を高める効果があるため、睡眠の質を向上させる効果が期待できるでしょう。

しかし、不眠が続いているのであれば、寝る前だけではなく普段から牛乳を飲むことを意識してみましょう。
寝る直前に100ml程度のミルクを飲むだけでは少々物足りないものがあります。

100mlのホットミルクに含まれるトリプトファンは40mgですが、不眠の改善に必要なトリプトファンの量は500mg~600mgとも言われています。
普段からトリプトファンを摂取しておくことが大切なのです。

アンチエイジング効果

ストレス解消

トリプトファンから「メラトニン」が生成されるとお話ししましたが、メラトニンにはアンチエイジング効果もあります。

メラトニンの抗酸化作用によって、血管や細胞の老化(酸化して錆び付いてしまうこと)を防ぐことが出来ます。
同時に、この効果によって動脈硬化などの生活習慣病の予防にもなるのです。

また、トリプトファンによって「成長ホルモン」が分泌されます。
成長ホルモンと聞くと、子供だけに必要なホルモンと勘違いする人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。
成長ホルモンは「若返りホルモン」とも呼ばれ、新陳代謝や血行を良くする働きがあり、アンチエイジングには欠かせないホルモンです。

牛乳が嫌いなら豆乳で代用

ストレス解消

ここまで牛乳のストレス解消効果について解説してきましたが、牛乳を毎日飲むのは嫌だ、牛乳が嫌いだという方もいるかもしれません。
そんなときにおすすめなのは豆乳です。

豆乳には牛乳の1.2倍程度のトリプトファンが含まれているため、牛乳以上にストレス解消効果が期待できます。

トリプトファンを含む食べ物

実はトリプトファンは、肉類、魚介類、お米やパンなどにも含まれています。
ベジタリアンの人などでなければ、トリプトファンを摂取はできているのです。

しかし、食べ物だけの摂取量では限界がありますから、ストレスを感じた時には飲み物を牛乳や豆乳に変えることで、摂取量を増やすことが効果的なのです。

サプリメントからの摂取も可能

牛乳や、食べ物でもトリプトファンを摂取することはできますが、ダイエットをしている人などはどうしても不足してしまいがちな栄養素です。

そんなときはサプリメントを使用するのも良いでしょう。

おわりに

ストレス解消

子供のときは学校の給食で毎日牛乳を飲んでいたことかと思います。
栄養価が高いため、健康的な献立を組み立てる上でも貢献しています。

そんな給食を食べていた時代を思い出しながら、日々の生活に牛乳を取り入れてみてはいかがでしょうか?

-グッズ







★常備しておくと良いですよ!

当サイトでは多くのストレス解消方法やグッズを紹介していますが、特に「効果がありました」という声を多く頂いているのがリラクミンというシリーズのサプリメントです。

日々のストレス対策から、うつ病が心配な方まで、幅広い方におすすめしています。

★Click! メンタルサプリ専門店【リラクミンシリーズ】

 

かなりおすすめ!ストレスに悩んでいる方向けの書籍