ストレス解消法ランキング

100の方法からあなたにぴったりの発散法を提案

趣味

絵を描いてクリエイティブにストレス解消!

2017/05/23

ストレス解消

普段絵は描きますか?
学生の頃は美術の授業などで描いてきたかとおもいますが、社会人になるとあまり機会がないかもしれません。
しかし、絵は何歳から始めても練習することで上達が見込めます。
画伯、下手ウマなどといった表現もありますが、絵が下手だった人でも、描いてみると味のあるものが描けたりするものです。

ストレス解消効果点数
  • お勧め度:
  • 科学的根拠:

ストレス解消には、様々なアプローチがありますが、クリエイティブな活動も効果的です。
今回はその中でも比較的始めやすい、絵を描くことによるストレス解消効果を紹介していきたいと思います。

絵を描いてストレス解消

ストレス解消

アートセラピーという言葉がありますが、クリエイティブなことをしてストレス解消をするという方法があります。
これには右脳と左脳の働きが関係しています。
右脳と左脳の役割はそれぞれ、

・右脳:計算、理論、人間関係
・左脳:感覚、情緒、ひらめき

となっていますが、日常の社会生活では、左脳を酷使しがちと言われています。
そこで、クリエイティブなことをして、右脳を使用すると、左脳を休ませることができます。

脳も同じことばかりしていると疲れてしまうので気分転換が必要なのです。

また、右脳は気持ち良い・楽しいという感覚も担っているため、右脳が働いているとリラックスしやすい状態になります。

右脳を鍛える

脳は鍛えることができると言われておりますが、鍛えるためにはとにかく脳を使うことが必要です。

右脳は前述のとおり、感覚や情緒などをを担当しています。
そのため、鍛えることで

・想像力が豊かになる
・アイディアが湧きやすくなる
・空間認識が得意になる

といった、芸術的な分野や、直感力が高まる効果があります。

また、左利きの人に芸術肌の人が多いというのも有名な話ですよね。
これは左手が右脳と繋がっているからで、自然と右脳が鍛えられやすいためなのです。

落書きでストレス解消

ストレス解消

絵を描くと言っても油絵などの本格的なものだけが絵ではありません。落書きだって良いんです。
ノートの隅に落書きをするだけでもストレス解消効果があります。

仕事中であれば、メモに少しイラストを添えたりするのも良いかもしれません。

実はすごい落書きの効果

学生の時、授業中に落書きをした経験のある人は多いのではないでしょうか?
しかし、落書きをするのは脳にとっても良いんです。

・本に落書きをすると、集中力や記憶力、想像力が向上し、感情が豊かになる

という研究や、

・授業中などに落書きをすると集中力の維持や、ひらめきを得る効果、記憶力の向上が期待できる

という研究もあります。

これには脳の性質が関わっています。
作業をするときに音楽をかけると集中力がUPするケースがあるというのは知っていますか?
脳の使っていない部分を埋めることで、注意散漫になりにくくなるのです。

ぬり絵でストレス解消

ストレス解消

絵を描くのは苦手という人におすすめなのがぬり絵です。
最近では大人向けのぬり絵がブームになり、様々なものが発売されています。
難易度の高いものになると、線が細かいものであったり、かなり緻密な絵が使われているものもあります。

そんなぬり絵も、右脳を活発に使用することが出来ます。
使う色を考えるのはもちろんですが、それ以外にも、

・濃淡
・ぼかし
・色を重ねる

など、大人になると子供の時よりも様々なテクニックを駆使することもできます。

達成感を感じやすい

ぬり絵は「ぬり終わる」というゴールが明確なため、達成感を簡単に味わうことができます。
また、没頭することで無心になりるためリラックスできたり、集中力を高める効果も期待出来るのです。

このように、メンタル面に様々なプラスの効果を期待できることから、塗り絵は臨床心理学でも取り入れられているほどです。
ほかにも、認知症の患者が1ヶ月間ぬり絵を行ったところ、症状の進行を抑えることが出来たというデータもあります。

もちろん本格的な絵でもok

ストレス解消

ここまでは、簡単な方法を紹介してきましたが、もちろん本格的な絵を描くのも良いでしょう。
絵画の場合であれば、描かれる材料の画材により主に以下の6種類に分類できます。

・水彩画
・油絵
・日本画
・水墨画
・デッサン画
・アクリル画

ピンと来るものはありますでしょうか?
もう少し手軽なものであれば、色鉛筆画というジャンルもあります。

描く対象も、風景画や似顔絵、空想画など様々なものがありますので、自分に合ったものを探してみましょう。

おわりに

子供の時は絵を描くのが嫌いだった、もしくは下手だった人でも、大人になってから好きになったり、得意になるということも十分にあります。

スポーツなどとは違い、絵は歳をとってからでも練習を重ねたり、コツを掴むことで上達する可能性が高い分野です。
むしろ、知識や経験が豊富なため、表現できる幅が若い人よりも有利な場合もあります。

どうせストレス解消をするなら、クリエイティブなことに夢中になって嫌なことを忘れてしまってはどうでしょうか?

-趣味







★常備しておくと良いですよ!

当サイトでは多くのストレス解消方法やグッズを紹介していますが、特に「効果がありました」という声を多く頂いているのがリラクミンというシリーズのサプリメントです。

日々のストレス対策から、うつ病が心配な方まで、幅広い方におすすめしています。

★Click! メンタルサプリ専門店【リラクミンシリーズ】

 

かなりおすすめ!ストレスに悩んでいる方向けの書籍