ストレス解消法ランキング

100の方法からあなたにぴったりの発散法を提案

ストレス診断

ストレスとは

ストレスとは

どうしてストレスは溜まってしまうのでしょうか?

誰でも、「嫌だな」と感じたり、「辛いな」と感じることがあります。
しかし、これは本来必要な防衛機能なのです。

ストレスを感じたら、診断テストを受けたり、カウンセリングを受けたりするのも良いことですが、まずはこの記事を読んでストレスに対する知識を深めてみませんか?

今回は、
・なぜストレスは溜まるのか
・そもそもストレスとは何か
などを中心に、様々な観点からストレスについてお話していきたいと思います。

なぜストレスは溜まるのか

ストレス

ストレスを感じるときの状況について考えてみましょう。

例えば良くあるのが、「職場の上司と関係が悪い」というシチュエーション。

・正当に評価してくれない
・意見が合わず、仕事が思うように進まない
・手柄を横取りされる

「そんな上司の下で働いている」という人も、少なくないと思います。

ではなぜ、そのようなシチュエーションの下ではストレスを感じるのでしょうか?

期待と異なる結果が返ってきたとき

さて、物事を進めるときというのは、何かしらの「理由」や「期待する結果」があるものです。
仕事に限らず、人は目的があるからこそ行動に移します。

しかし、想定とは違う出来事が起こったときには軌道修正をしなければなりません。
このときに「ストレス」を感じるのです。

言い換えると、

自分の想像していた未来や期待感を裏切られた

という場合にストレスを感じるんです。

ここで何も感じなければ、改善に繋がっていくことはありません。
人が、上手く生きていくためにはストレスは必要なものなのです。

そんな、本来必要であるはずのストレスですが、社会で生きているとストレスが過剰になってしまうケースがしばしばあるのです。

期待を裏切られるということ

前述の例をそれぞれ見ていきましょう。

・正当に評価してくれない
⇒「褒められるはず・評価されるはず」という期待が裏切られている

・意見が合わず、仕事が思うように進まない
⇒「自分の考えで進めればうまくいくはず」という期待を妨害されている

・手柄を横取りされる
⇒「評価されるはず・給与が上がるはず」という期待が裏切られている

このような感じでしょうか。
これはあくまで一例ですが、何らかの「期待」が裏切られた時というのはストレスを感じやすいものなのです。

防衛本能としてのストレス

防衛本能

ストレスというのは、本来は防衛本能として備わっているものです。
例えば野生動物の場合、「肉食動物に襲われそうな時」にストレスを感じます。

それが、人間の場合には「高度な情報処理能力」が備わっているために、「上司とうまくいかない時」であってもストレスを感じるのです。
ストレスの感じ方というのも進化してきたんですね。

しかし、肉食動物と上司では決定的に違いがあります。
「肉食動物に襲われる」というシチュエーションは瞬間的なもので、逃げ切った後はストレスから解放されます。
ところが、上司というのは毎日顔を合わせる必要があり、逃げ切ることが出来ないのです。

ストレスは慢性化させないこと

このように、ストレスを防衛本能という観点から見ていくと、本来は「一時的」な危険回避手段であるということが分かります。
一方で、「慢性化」させないことが大切だとも言えます。

動物の脳というのは、「慢性化したストレス」を正しく対処することが出来ないのです。

ストレスの種類

ストレスと一口に言っても、実際には以下のようにいくつか種類があります。
・物理的:天候や気候、騒音、大気汚染など
・化学的:添加物や薬品など
・生物的:病原菌、ウイルス、過労など
・精神的:人間関係や性格に起因するもの

普段ストレスと言うと、精神的なものをイメージする方が多いことかと思います。
しかし、精神的なもの以外にもストレスというのは存在しています。

また、このようにみていくと、いずれも「取り除いたほうが良いもの」である、ということが分かることかと思います。

これは、精神的なストレスも同様です。
「嫌なことの原因」を取り除かずに、我慢しすぎてしまうと、うつ病などの精神疾患などが引き起こされることもあるので注意が必要です。

ストレスの原因

ストレスの原因

ここまでは、「上司」を例を挙げてお話ししてきましたが、ストレスの原因は人によって様々です。
同じ事でもストレスに感じる人とそうでない人がいます。

ストレスを感じやすい人

例えば、うつ病になりやすいタイプの人というのが存在します。
具体的には、

・責任感が強い人
・真面目な人
・気配りのできる人

などが挙げられます。

一見すると良いことばかりに見えるかもしれません。
しかし、このようなタイプの人というのは、

・期待に答えようと頑張りすぎるてしまう
・物事を途中で投げ出すことが出来ずに、ストレス要因を抱え続けてしまう

などとといった傾向が見られるのです。

真面目になるのは良いことかもしれませんが、ルールを厳しく設定しすぎたり、他人にも同じことを期待してしまうと、ストレスの原因となってしまいます。

程よく、肩の力を抜くということも大切なのです。

ストレスの原因を作らないために

「期待を裏切られる」事がストレスに繋がりやすいというのは前述の通りです。
特に、上でお話した「真面目な人」というのは、期待を裏切られやすい傾向にあります。
詳しくお話しましょう。

例えば、真面目な人というのは、根底に「人は●●することが当たり前」というような考え方や小さなルールなどを沢山持っている傾向にあります。
このルールが多すぎるために、期待を裏切られるケースが増えてしまうのです。

例えば、「上司は自分よりも仕事が出来て当たり前」という考え方があったとしましょう。
しかし、現実には完璧な上司というのはいません。
このような考えを持っていると、上司が何かミスをする度にイライラしてしまうのです。

また、真面目な人というのは目標設定を高く設定してしまうために、自分自身で自分の期待を裏切ってしまうということもしばしばです。

当てはまると感じた方は、「当たり前」という考え方を少し緩く持ったり、他人や自分に対して過度に期待をしすぎないという意識を持つと良いかもしれません。

ストレスの解消法

ストレス解消

ストレスの原因などを中心にお話をしてきました。
しかし、現実には完全にストレスを無くすということは困難です。

ということで、ここからは効果的なストレス解消方法を紹介していきたいと思います。

運動でイライラ発散

現代人は運動不足の人が非常に多いと言われています。
毎日オフィスワークで、全く運動をしていないという人も少なくありません。

しかし、運動というのは誰にとっても効果を実感しやすい発散方法なんです。
普段運動をしていない人は特に、その効果を感じることが出来ますよ。

また、運動といっても激しいものを選ぶ必要はありません。
むしろ、ジョギングやサイクリングといった有酸素運動にこそ、ストレス解消効果があるのです。

身体を動かして発散したいという方は、こちらをご覧ください。
ストレス発散に効果的な運動7選

趣味でストレス解消

趣味

何かに夢中になっている時というのは嫌なことを忘れることが出来ます。
事実、ストレス解消にも効果があります。

中でもおすすめなのがカラオケです。
「大きな声を出す」ということ自体が心身に良い作用をもたらしてくれます。
横隔膜が動くことにより、自律神経が刺激されて働きが整います。
イライラしがちな人は是非とも試してみてください。

その他のおすすめの趣味はこちら。
ストレス発散におすすめの趣味10選

お風呂

例えばお風呂、毎日浴槽に入っていますか?
忙しいとシャワーで済ませてしまいがちかもしれません。

しかし、ゆっくりと湯船につかることは疲れだけでなく、ストレスやストレスから来る冷えなどの症状にも効果的です。
忙しいときほどゆっくりとお風呂に入ることを心がけてみましょう。

また、おすすめアイテムを紹介しておきましょう。
お風呂上り、足元のマットが濡れていると、折角お風呂でスッキリしたのにモヤモヤしませんか?

そこでおすすめなのが、珪藻土バスマットです。
足がすぐに乾くので、スッキリした気持ちでお風呂から上がることが出来ますよ。

食生活

無理なダイエットや乱れた食生活というのは、ストレスの原因となってしまいます。
規則正しい食生活というのも、メンタルを考える上では大切なポイントです。

また、ストレスに効果的な食べ物もあります。
・牛乳:トリプトファンのリラックス作用
・豚肉:ビタミンBが、脳の神経系を正常に
・緑黄色野菜:ビタミンCは、疲労感を伴うストレスに効果

詳しくはこちらもご覧ください。
ストレスに効く!食べ物&おすすめ献立を紹介

人間関係を円滑にするDESC法

続いて、「ストレスの原因が、人間関係にある」という方に向けて、自分の主張を上手に行うテクニックDESC法を紹介しましょう。

人間関係の基本は、お互いの理解です。
自分の要望を相手に伝える際、4つの段階に分けて考えます。

1.Describe(描写する)

まずは、自分の状況を伝えます。
「今、優先度の高い仕事を多く抱えています。」

2.Explain(説明する)

自分の気持ちや考えを伝えます。
「予定通りに進めるのは難しいかもしれません。」

相手の気持ちの寄り添う方法もあります。
例えば、「●●さんも忙しいですよね、引き受けたいのですが・・」のように、相手の考えを尊重してみましょう。

3.Specify(具体的に伝える)

自分の考えを具体的に伝えましょう。
「締め切りを伸ばして頂きたいです。」

4.Choose(選択する)

「Specify」の結果を受けて、次の行動を判断しましょう。

例えば、締め切りを伸ばすことが出来ないのであれば、「代理で対応できる方を探します。」のように、代替案を伝えます。

DESC法のポイント

この手順に則ったとしても、必ず要望が通るわけではありません。
要望を強制するのではなく、「妥協点を模索することが目的」となります。

うつ病との関係

ストレスとうつ病には密接な関係があります。

ストレス要因を取り除くことが出来ずに、ストレスが過多になると、精神的にも不安定な状態になっていきます。
この状態が続くと、うつ病を始めとする精神病が引き起こされてしまうのです。

嫌な事が重なると・・

特に、複数の要因が重なると、精神的な逃げ道が無くなることも多くなり、リスクも高まります。
例えば、
・仕事がうまくいっていないときに、家庭でもトラブルが起きていて相談するどころではない
・育児がストレスになっているタイミングで、両親が亡くなった

など、ケースを挙げればきりがありません。

人それぞれ、様々な悩みや身体的なトラブルなどが引き金となって、うつ病へと進行してしまうのです。

こちらにも詳しく記載しています。
セロトニンのパワーで明るい気持ちを取り戻そう

睡眠とストレス

ストレスがもたらす症状の一つに不眠症があります。
眠れないというのは本当に辛いものですが、周りからは「自己管理できていないだけ」などと誤解されてしまうことも珍しくありません。

・なかなか寝付くことが出来ない
・朝起きても疲れが抜けていない
・眠りの質が悪く、夜中に目が覚める

そんな症状を改善するにはどうすればよいのでしょうか?

環境作り

毎日のことなので、寝室の雰囲気は大切です。
家具や布団などの色をベージュなどにすることでも、落ち着いた雰囲気を演出することが出来ます。

また、部屋の明るさも意識してみましょう。

寝るときの明るさというのは人によって好みが分かれる部分ですが、一般的には「ぼんやりと物の形がみえるぐらい」が良いとされています。

とはいえ、自分が寝やすい・リラックスできると思う明るさを選ぶのがベストです。
調光できるスタンドライトなどがあると便利かもしれません。

リラックス

寝るまでの時間をリラックスして過ごすことも大切です。
寝付くまでに時間がかかるという方は、ベッドに入る数時間前からリラックスを意識することが大切です。

リラックスしやすい音楽を聴くなど、寝る前の過ごし方を少し変えてみましょう。

お風呂にゆっくりと入る

忙しいときは、「面倒だからシャワーで済ませてしまおう・・」という方も多いかもしれません。
しかし、シャワーで済ませてしまうよりも、きちんと入浴したほうが眠りの質が良くなることが明らかになっています。

ストレスが溜まっている時は、最低10分は入浴するようにしてみましょう。

もう一ポイントとしては、「寝る30分前には入浴を済ませておく」ことです。
体温が温まったままだと寝付きづらくなりますので、ある程度時間に余裕を持っておきましょう。

スマホやテレビを避ける

寝る前に、スマホを触るのが習慣になっている人も多いのではないでしょうか?
しかし、液晶画面をずっと見ていると、寝付きが悪くなってしまいます。

「ベッドに入ってからはスマホを見ないようにする」だけでも、眠りの質は変わります。

-ストレス診断







★常備しておくと良いですよ!

当サイトでは多くのストレス解消方法やグッズを紹介していますが、特に「効果がありました」という声を多く頂いているのがリラクミンというサプリメントです。

日々のストレス対策から、うつ病が心配な方まで、幅広い方におすすめしています。

休息・ココロサプリ専門店♪ドキドキ・イライラi・休息不足に悩む方のためのセロトニンサプリ!リラクミンクリア

 

かなりおすすめ!ストレスに悩んでいる方向けの書籍