ストレス解消法ランキング

今日のあなたにぴったりのストレス解消法を提案

サプリ

「眠れない・・」を3stepで改善!サプリも紹介

2017/04/23

不眠症

不眠症って本当に辛いですよね。
しかし、周りからは「自己管理できていないだけ」などと勘違いされてしまうことも多く、なかなか分かってもらえない現実もあります。

・ベッドに入ってもなかなか眠れない
・朝起きても疲れが抜けていない
・夜中に何度も目が覚めてしまう

そんな症状を改善していくポイントをおはなし

不眠症とは

本題に入る前に、基礎知識として、不眠症について軽くおさらいしておきましょう。

不眠症は大きく分けて4つのタイプがあります。
それぞれの特徴を見ていきましょう。

1.入眠障害

入眠障害とは、寝付くことが出来ない症状です。

健常者であれば、消灯してから30分以内に寝付くと考えられています。
しかし、入眠障害になってしまうと数時間たっても眠ることが出来ないという症状に悩まされることになります。

2.早朝覚醒

朝に早く目が覚めてしまうのが早朝覚醒です。
もっと眠っていたいのに朝早くに目が覚めてしまうため、疲れが残ってしまいます。

原因は様々ですが、うつ病の初期にもみられる症状です。

3.中途覚醒

夜中に何度も目覚めてしまうのが中途覚醒です。

睡眠を妨げる身体的な原因、例えば、

・頻尿
・むずむず脚症候群
・過度な飲酒

などがあると起こりやすくなります。

4.熟睡障害

十分に睡眠時間を取っているのに、熟睡出来ていない状態、疲れが残っている状態を熟睡障害と言います。

この症状が出ている時というのは、深い眠り(ノンレム睡眠)の時間が少なく、浅い眠り(レム睡眠)の時間が長くなります。
悪夢を見る人も少なくないようです。

3ステップで睡眠の質を高めよう

睡眠

それでは、どうすればぐっすりと眠ることが出来るのかについて、具体的な方法をお話していきましょう。
誰にでもできる方法ですので、試してみてください。

step1.環境作り

step1は環境作りです。
眠りやすいよう、落ち着いた雰囲気を作ることが大切です。

家具や布団などの色は、なるべく刺激的な色は避けるようにしましょう。
例えば、ベージュなどは落ち着いた雰囲気を演出しやすい色です。

また、寝るときの明るさは人によって好みが分かれることかと思います。
ぼんやりと、物の形がみえる程度が良いとされていはいますが、自分が寝やすいと思う明るさでOKです。

調光できるスタンドライトなどがあると便利かもしれません。

step2.リラックス

寝るまでの時間をリラックスして過ごすことも大切です。
ポイントをいくつか紹介しましょう。

お風呂にゆっくりと入る

シャワーで済ませてしまうよりも、きちんと入浴したほうが眠りの質が良くなることが明らかになっています。

忙しくても面倒だと思わずに、きちんと浴槽に入ることが大切です。
また、お湯の温度は40度前後が良く、熱すぎてもぬるすぎても良くありません。
そして、最低10分は入浴するようにしましょう。

もう一ポイントとしては、「寝る30分前には入浴を済ませておく」ことです。
体温が温まったままだと寝付きづらくなりますので、ある程度時間に余裕を持っておきましょう。

スマホやテレビを避けて、音楽などを楽しむ

「夜の時間にスマホを触りたくなってしまう」人は多いのではないでしょうか?
しかし、スマホを始めとする液晶画面をずっと見ていると、寝付きが悪くなってしまいます。

リラックスしやすい音楽を聴くなど、寝る前の過ごし方を少し変えてみましょう。

step3.サプリメント

寝る上で手助けになるのがサプリメントです。

「環境や過ごし方を変えるだけではイマイチ・・」
そんなときにはサプリメントがおすすめです。

効き目には個人差がありますが、飲むだけで眠れるようになったという人も少なくありません。
悩んでいるなら、一度試してみてください。

以下の商品は、特許成分のラクティウムをはじめ、テアニン、グリシン、GABA、トリプトファン、ラフマ、カモミールと様々な成分を配合しているのがポイントで、あらゆるタイプの不眠に作用し、効果が実感しやすいものになります。

おわりに

辛い不眠ですが、対策をすることで改善していくことは可能です。
3つのステップ、出来ることからで良いので、トライしてみて下さい。

-サプリ







★常備しておくと良いですよ!

当サイトでは多くのストレス解消方法やグッズを紹介していますが、特に「効果がありました」という声を多く頂いているのがこのサプリメントです。

日々のストレス対策から、うつ病が心配な方まで、幅広い方におすすめしています。

★Click! リラクミンse

 

かなりおすすめ!ストレスに悩んでいる方向けの書籍