ストレス解消法ランキング

今日のあなたにぴったりのストレス解消法を提案

うつ病

ストレスで甘いものが欲しくなる?ダイエット中の過食に注意!

2016/11/28

ストレス解消

ストレスが溜まっているときに、甘いものが食べたくなった経験はありますか?
甘いものに限らず、イライラを食事にぶつけてしまい、太ってしまったり体調を崩してしまうことは珍しくありません。

この記事ではストレスと食欲の関係や、ダイエットとの関係、解決法などについて詳しく紹介していきます。

食欲が増える原因

甘いもの

ストレスが溜まると食欲が増したり、太りやすくなる、甘いものが欲しくなるというのは科学的な理由があります。
その原因について見ていきましょう。

甘いものが欲しくなる

また、ストレスによって、幸せホルモンであるセレトニンが減少します。
このセレトニンは、甘いものを食べることで分泌されるため、身体は不足したセレトニンを補おうとして甘いものを欲しがるようになります。

セレトニンは、リラックス効果、精神安定効果があるため、ストレスとは切っても切れない存在なのです。

ストレスで太りやすくなる

ストレスが溜まると太りやすくなるため、甘いものの食べ過ぎには注意しなくてはなりません。

メカニズムとしては、ストレスホルモンであるコルチゾールが分泌されて、脂肪を溜め込みやすくなります。
コルチゾールが増えると、インスリンの分泌が過剰になるため、食べたものが体脂肪として蓄えられやすくなります。
ストレスが溜まっていると痩せにくくなるのは、身体が脂肪を溜め込もうとしてしまうためなのです。

食べることがストレス解消の手段になっていないか

「食べることが一番のストレスが解消!」そんな人はストレスが溜まったときにはけ口として食べすぎてしまうということが挙げられます。

やけ食いという言葉もありますが、ストレスによって引き起こされる食欲というのは本来必要なものではなく、イライラを沈めるためだけに起こってしまうため、肥満の原因となってしまうのです。

ダイエットとストレス

ダイエット

痩せたいけれどダイエットをしていることがストレスになることは珍しくありません。
しかし、前述の通りストレスによって太りやすくなったり、甘いものが欲しくなってしまうため、悪循環に陥って思うように痩せられないということもあります。

ストレスを溜めないダイエット

無理なダイエットが健康に良くないのはもちろんですが、精神面的にも無理をすると上手に痩せることは出来ません。
リバウンドなどの原因ともなってしまい、体型が崩れるというデメリットもあります。

そのため、どうせダイエットをするのであれば、

・ストレスを溜めない、無理をしない
・一気に痩せようとするのではなく少しづつ

ということを心がけましょう。

食べても痩せる方法

一番良くないのは何も食べないという方法です。
我慢には限界があるため、結局食べてしまう、ストレスも溜まる、健康に影響が出る、など良いことは何もありません。

食べないのではなく、食べるものを変える

最近では糖質オフダイエットなどが流行っていますが、これもおすすめの方法の一つです。
野菜やお肉中心の生活にして、お米やパンなどは避ける方法ですね。

炭水化物を我慢しても、お肉などを食べることができるため、ストレスが溜まりにくく、長く続けやす方法なんです。

カロリーを気にする方も、コンニャクや砂糖の入っていないヨーグルトなどを食べて、何かをお腹の中に入れるようにしましょう。

寝不足も肥満の原因に

意外に感じるかもしれませんが、睡眠不足も太る原因となります。
きちんと睡眠が取れていると、成長ホルモンが分泌されますが、別名痩せホルモンともいわれて、脂肪を分解する働きを持っています。

眠っている間に消費するカロリーのほとんどが、成長ホルモンによるものです。
ぐっすり眠ったときと寝不足のときで、消費されるカロリーは200kカロリーも差が出るとも言われています。
ダイエット中の人にとっては200kカロリーって大きいですよね。
生活習慣を心がけるだけでもダイエット効果があるんですね。

食事以外に楽しい時間を作る

食事というのは食べているだけで幸せな気持ちになれるものですよね。
しかし、「食事が一番の楽しみ」という人は注意が必要です。

食事を制限することで本来解消来ていたストレスが発散できなくなってしまいます。
食事以外にもなにか趣味を持つなどして、ストレスを溜め込まないように心がけてみましょう。

ダイエット中に食べても良い甘いもの

ダイエット

甘いものを我慢するのは辛いもの。
ダイエット中であっても食べても良いものを紹介していきます。

とはいえ、食べ過ぎには注意してくださいね。

ヨーグルト

お菓子はできるだけGI値の低いものを選ぶと良いです。
GI値とは、食べ物を食べた時の血糖値の上がりやすさを数値で表したものでが、。高GI値の食べ物は脂肪になりやすいという特徴があります。

ヨーグルトはGI値が低いためおすすめです。
しかし、砂糖がたくさん含まれているものもあるため食べ過ぎには注意してください。

無糖のヨーグルトに、自分で砂糖を入れるようにするという方法もあります。
摂取量を管理でき、見た目にもどの程度の砂糖を取ったのかが分かるため、摂り過ぎを防ぐことが出来ます。

コンニャクゼリー

ダイエットの定番、コンニャクゼリーですが、カロリーが低く前述のGI値も低いためおすすめです。
コンニャクには食物繊維が多く含まれているため嬉しい効果がたくさんあります。

・腸内環境を良くしてお通じがよくなる
・カロリーの高い食べ物が体内に吸収されるのをブロックする

など、美容にも嬉しい作用があるんです。

似た食べ物として寒天もあります。
寒天もカロリーが低く食物繊維がたくさん含まれています。
腸内環境が整い、免疫力もアップしますので美容だけでなく健康にも良いためおすすめです。

フルーツ

多くのフルーツはGI値が低いため、ダイエット中におすすめのおやつです。
特に、りんご、梨、みかん、ブルーベリーなどが低GI値です。
フルーツにはミネラルやビタミンが豊富に含まれているため、栄養が不足しがちなダイエット中に嬉しいです。
もちろん美容にも効果的です。

注意して頂きたいのはGI値高めのフルーツで、パイナップルとスイカなどが挙げられます。

おわりに

ストレスでイライラするだけでなく、肥満にまでなってしまったら良いことは何もありません。
日々のストレス管理が大切です。

自分にあったストレス解消方法を見つけて、溜め込みすぎないように心がけましょう。

繰り返しになりますが、ダイエットをする場合は無理をしないということが大切です。
心と身体、両面からの健康を心がけましょう。

-うつ病







★常備しておくと良いですよ!

当サイトでは多くのストレス解消方法やグッズを紹介していますが、特に「効果がありました」という声を多く頂いているのがこのサプリメントです。

日々のストレス対策から、うつ病が心配な方まで、幅広い方におすすめしています。

★Click! リラクミンse

 

かなりおすすめ!ストレスに悩んでいる方向けの書籍